FAQ

yaraiのアップデート方法を教えてください

以下のいずれかの方法にて、アップデートを行ってください。

‼ 重要

いずれの手段でアップデートを行った場合でも、アップデートを完了させるためにはOSの再起動が必要となります。

アップデート方法

‼ 重要

管理されたクライアントの場合、管理コンソールよりマイナーバージョンが上のクライアントは管理が行えず、サポート対象外となりますので、ご注意ください。
(例:管理コンソール3.1.0/クライアント3.2.4)
yaraiと関連製品のバージョンの表記について教えてください

yaraiのGUIからのアップデート

yaraiクライアントのGUIより「アップデート」をクリックして実施します。

image

⚠ 注意

以下の場合、この方法は利用できません。

  • クライアントが、弊社アップデートサーバーに接続できない場合
  • 管理されたクライアントにおいて、クライアントでの手動アップデートを不許可に設定したポリシーが適用されている場合
    ※デフォルトのポリシーでは、手動アップデートは不許可に設定されています。

インストーラー(msiファイル)によるアップデート

インストーラーを各クライアント上で実行する他、資産管理ソフト等と組み合わせて使用いただくことでサイレントアップデートを行うことも可能です。
サイレントアップデートを行う場合は、以下のコマンド例と表を参考にして、Windows標準の msiexec.exe を使用してアップデートを行ってください。

msiexec /i <MSIファイル> /quiet /norestart
オプション 説明
/i <MSIファイル> インストールを指示します。
引数にyaraiインストーラーのMSIファイルを指定します。
/quiet サイレントインストールを行います。
/norestart アップデート後、自動的に再起動を行いません。
自動的に再起動してもよい場合は、/norestartは必要ありません。
⚠ 注意

ネットワーク上のインストーラー(msiファイル)を実行してアップデートを行うと、アップデートに失敗することがあります。
インストールやアップデートに関しては、必ずローカルディスクに保存したインストーラー(msiファイル)をご利用ください。

EMC/AMCからの配布(fpgファイル)によるアップデート

EMC/AMCのダウンロード機能やUpdate Package Extractor(fpgファイルを利用)でyaraiのアップデートモジュールを登録し、EMC/AMCからクライアントに対してアップデートを配布します。
リモートでアップデートを行えますが、サイレントアップデートではありません。

この内容は参考になりましたか?
ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。
Powered by i-ask
pagetop