FAQ

MACアドレスの登録仕様について教えてください

EMCでは配下のクライアントをMACアドレスで識別していますが、クライアントがEMCに報告するMACアドレス取得の仕様としては、yaraiインストール時にWindowsのAPIにて該当PCのNICの情報が列挙され、デフォルトゲートウェイのあるNICが優先的に採用される仕様となっています。なお、デフォルトゲートウェイが存在しない場合は、列挙された最後のNICが採用されます。

採用されたMACアドレスはレジストリにキャッシュとして保存され、以後EMCとの通信はそのMACアドレスが使用されます。コンピューター名の変更(要再起動)が行われると、このMACアドレスは再度取得し直されます。

[yarai v2.9以降]
GMACオプションを使用してインストールすると、キャッシュされるMACアドレスを擬似的な値に変換します。
参考: yaraiユーザーマニュアル「コマンドラインからのインストール/アップデート/アンインストール」

インストール後にGMACオプションによるMACアドレスの再生成を行いたい場合は、以下のレジストリを設定して、OSを再起動してください。

レジストリキー
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\FFR\Console\mcc

1.
名前:EnabledGmac
種類:REG_DWORD
データ:1

2.
名前:ComputerName
データ:(空)

※EnabledGmacを新規で作成し、ComputerNameは値を削除してください。
 32bit環境では、WOW6432Nodeを省略してください。

この内容は参考になりましたか?
  • このフォームにお寄せいただいたご意見への回答は行っておりません(回答が必要な場合は販売店までお問い合わせください)
  • お名前、ご連絡先等の個人情報は入力しないようお願いいたします
  • 250文字以内でご記入をお願いいたします
ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。
Powered by i-ask
pagetop