FAQ

AMC v3.4.0へアップデート後、Windows Defenderの検出通知が行われません

目次

事象
原因
回避策

事象

Windows Defenderの検出通知が、AMC v3.4.0へアップデート後に行われなくなります。

原因

yarai/AMC v3.4.0においてWindows Defender連携機能とアラートメール機能(通知設定)が強化されており、Windows Defenderでの検出通知も個別に設定できるように変更されています。
※v3.4.0より前のバージョンにおいては1つの検出通知でyaraiおよびWindows Defenderの両方の通知が行われていました。

しかしながら、AMC v3.4.0より前の環境からAMC v3.4.0へアップデートした場合、yaraiの検出通知設定は引き継がれるものの、新設されたWindows Defenderでの検出設定が有効にならないため、検出通知が行われなくなります。

回避策

AMCのWeb UI「設定」→「通知管理」→「通知設定」で「Windows Defender検出」の箇所の通知設定を有効にしてください。


詳細についてはAMCオペレーションマニュアル「5.10.4.1 通知設定」もご確認ください。

✔ 情報

AMC v3.4.0以降の管理コンソールがあり、yaraiが管理されたクライアントであれば、通知プログラム(※弊社提供のサンプルプログラムをカスタマイズした場合含む)をご用意いただかなくても、AMCの標準機能によりyaraiまたはWindows Defender検出時のメール送信が可能となっています。
また、検出以外にも様々なイベント(EDR、過検出判定、ポリシー、ライセンスなど)のメール送信も可能となっています。
詳細については、AMC v3.4.0のリリースノートとオペレーションマニュアルをご参照ください。

カテゴリ
この内容は参考になりましたか?
  • このフォームにお寄せいただいたご意見への回答は行っておりません(回答が必要な場合は販売店までお問い合わせください)
  • お名前、ご連絡先等の個人情報は入力しないようお願いいたします
  • 250文字以内でご記入をお願いいたします
ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。
Powered by i-ask
pagetop